ブログとは何ぞや?

川´_>`)このブログでは現在相互リンクを募集してるが何、気にすることはなゐ。
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2重・3重ルーターでもポート開放出来るのねん

どうも、凡骨Aもとい、凡ちゃんです。

どこが火付けか知らないけど、何故か皆からこう呼ばれてます。

ま、気にしたら負けですねwwwウッドロウさんもそう言ってますしwww



さて、今回のタイトル・・・そのまんまですねwww

オンラインゲームしたりする場合に必須になるポート開放ですが、

2重ルーターだとポート開放出来ないと思われてる方が多いそうな。

一般的に、二重ルーター場合は片方のルーター機能を停止させて

LANハブとして使えば2重ルーターが解除されるのでやりやすいんですが、

2つあるルーターにそれぞれ複数のLAN機器が接続されてると思ったように解除できませんね。

一部の機種を除いて、ハブはどれか1つの機器に集中して回線の信号を供給するので、

ハブ接続されたネットワーク機器で同時にインターネット接続するのは難しいです・・・。

で、結局二重ルーターを解除できずにアッー!ってなるわけですが・・・

ある手順を踏めば2重ルーターの状態でもポート開放できるんですねぇ。



ルーターの種類によって方法が変わるので、大まかなやり方を書きます。

※全ての環境で出来るとは限りません!

簡潔にまとめれば、次の手順ですね。

元々あるルーターを①、増やしたルーターを②とします。

1.①のファイアウォール(以下FW)のセキュリティレベルを無効or一番低いものにする。←後の布石

2.②のIPアドレス・サブネットマスク・デフォルトゲートウェイ・DNSサーバを調べてメモる。

3.①において、②のIPアドレスに対してDMZまたはすべてのプロトコルを開放する。←これ重要

4.②において、ルーター設定から手順2でメモった情報を使ってIPを固定する。←一応の備え

5.この時点でポート開放したいパソコンのIPアドレスを固定する。

6.②において、ポート開放したいパソコンのIPを選択してポート番号とプロトコルを指定。



ここで重要なのは1・3・4ですね。

まず1についてですが、一部ルーターのFWは1000番ポート以下の

開放を認めない設定であることが多いからです。

「ゲームとかは4桁か5桁ポートばっかりだから別にいいじゃん!」と思うかもしれませんが、

インターネットブラウザで必要な80番、FTPサーバーで必要な20~21番などなど、

サーバー構築する上で必須とも言えるポートを閉鎖するのは酷です。

更に、2重ルーターの性質上、回線速度がガタ落ちしてしまいますが、

これはFWを2回・・・ルーターの数だけ通ってるのが主な原因です。

このFWを解除することで、ある程度の速度低下を改善できる可能性があります。

今回は①だけFWを解除しましたが、別に②のFWも解除してくれて構いません。

但し、あまりにも脆弱性が高くなるので、総合セキュリティソフトやパーソナルFWを入れてる方、

自分でホームページやFTPのサーバーを構築したい方以外は推奨しません。



次に3についてですが、これは後の手間を省くために書きました。

ルーターへのポートを全て開放することによって、今後のポート開放を楽にしようと考えました。



最後に4についてですが、ここで②のルーターのIPを固定したのには意味があります。

基本的に、ルーターのIPは滅多に変わらないんですが、停電などによって一旦切断され、

全ての機器が同時に再接続された場合、ルーターのIPが変わる可能性があります。

そんな時のために、このタイミングでルーターのIPを固定しておけば安心かと。



・・・とまぁ、走り書きで説明しましたが、分かりにくくてすいません・・・。

それと、最初に書いたとおり、全ての環境で出来るとは限りませんので、ご了承ください。

でわでわ今日はこの辺でノシ
[ 2009/11/08 13:26 ] パソコン | TrackBack(0) | Comment(2)
すべてのプロトコルをどうやって解放するんですか?
[ 2010/03/12 20:02 ] [ 編集 ]
>momoさん

CTU設定から詳細設定を選んで、左から
「静的アドレス変換設定(ポート指定)」ってのを選ぶと
ポートマッピング設定画面に行けるので、
新規追加したらプロトコルの項目で
「すべてのプロトコル」を選ぶと解放できるようになります。

但し、上に書いてあるとおりセキュリティが弱くなるので、その辺は注意してください。
CTUの設定項目については別のサイト様で詳しく解説されているので、
ここでは割合させていただきます。
[ 2010/03/13 12:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

連絡事項
6/1 2:51更新
生放送終了、お疲れ様でした!
詳しく(?)は最新記事から。
さぁ仕事と編集だ・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。